投稿者全員に1,000OFFクーポンをプレゼント中!

加藤建築の加藤です。

2030年 未来の家   +エナジーハウス

2013年度 ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業に採択されました。
8月2日に経済産業省から予約者決定通知が届きました。\(^^)/

合格通知。
2物件採択されました。
新潟県では3物件出たらしいです(うわさ)全国で484件合格、予算総額6億9千万円、平均支払い額140万円くらいの中、
ほぼ満額350万円で合格しました。
省エネすると補助金がもらえる制度です。
目標は2030年に、この制度の住宅が義務化になるらしいです、(>_<)ハードルが高いですね。
”義務化”って、ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ
よく、間違われますが、よく聞かれる通称”ゼロ・エネ”は国土交通省主催は先着順で2020年モデル、165万円の補助金、
ネット・ゼロ・エネルギーハウスは経済産業省主催で2030年モデル、点数制で合格が決まります。
住宅の性能が上位の者から合格です、350万円の補助金
キーポイントは断熱材、木材をたくさん使うこと、と公募要領に書いてありました、
2物件共、断熱性能はQ値0.85どちらにしろ、熱が逃げないように家を作りなさい、だそうです
断熱材のことなら、2030年の家のことなら加藤建築まで、難しいですけど簡単に説明します。
とりあえず、こちらhttp://plus-energy-house.jp/
by kato--ken | 2013-10-10 00:38 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masakatuk.exblog.jp/tb/21249859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 2030年 未来の家   ni... 続 チャコの家に住んで5年が経... >>